So-net無料ブログ作成
-| 2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム 株式会社MFG [ザ・シークレットルーム]

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム




下記より購入し簡単な感想を送るだけで最大10000円還元されます!
FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム






わたしが今まで一般向けにリリースしてきた自動売買EAは、
『投資初心者でもカンタンに安心して勝てること』を最大限考慮したうえで、
設計し、そして製品化をしたものです。

『投資経験の浅いひとでも安心して勝つ環境』とは・・・

ドライブで例えるなら、高速道路、
特に分離・合流を繰り返しながら高速での運転を強いられる
『首都高速でのドライブ』のような環境だった場合、
初心者では慌ただし過ぎて、正直息つく間もなく、“そもそも危険”ですよね?

けれどもこういった状況こそが、相場における本来の基礎的環境です。

一方で、
市街地における追い越し車線もない、片側一車線の市道や県道での運転なら、
少なくとも直進している限りは、アクセルとブレーキのみの操作で済むので、
初心者にとっては『もっとも簡単なドライブコース』と言えそうですよね?

わたしが一般向け自動売買EAをプロデュースしてきた製品は明らかに「後者」です。
(それくらい安全度の高い収益構造を意識したという意味です)

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム

それこそ野球で例えるなら、
三振のリスクを抱えながらホームランを狙うスイングをするのではなく、
ミート中心のシングルヒットを狙うような利益獲得コンセプトだと言う事です。

要するに『堅実なシステム作りを優先した』というお話でして、
結局の所、
勝てるには勝てるが、決して派手な利益を狙うシステムではなかった訳です。

利用される方々に大きなリスクを背負わすことを避けることで、
わたしのユーザーは極めて安定性の高い運用システムを手に入れることが出来た訳ですが、
半面、わたしが事前に予測出来なかった“ある現象”が
至る所で生じるようになってきました。

それは・・・

壊滅的な損失を出す「他社製品システム」との同時運用によって、
わたしの堅実なシステムの利益を平気でスッ飛ばされてしまうという事態が、
次第にユーザーの中で頻発するようになってきたのです。

これは言ってみれば“巻き添え”に違いないのですが、
去れども、その巻き添えを食らい続けてきたのが、
他ならぬわたしのシステムユーザーであり、
しかもそれは脈々とした「歴史」とさえなりつつあります。

FX孔明プライベートコピートレードシステム ザ・シークレットルーム



本来であれば勝ち続けていたはずのわたしのユーザー達が、
現実として大きな損失を被ってしまっているという、
かくも切なく、そしてつらくもありますが、これこそが紛れもない「現状」です。

他社システムの成績を予測する事等、
いくらわたしでもそれは不可能な話ではあるのですが、
けれども、世間の投資系サービス業者が「ここまで劣悪であること」については、
あらかじめもう少し理解をしておくべきだったと、そこは正直後悔をしているのです。

FX会社


↑これは、他ならぬわたしを信奉してくださっている、
とあるユーザーからの直接の言葉です。

今までわたしが一般向けにリリースをしてきた自動売買EAは、
確かに“堅実”であることには間違いないものの、
もしかしたら、それって本当にユーザーを満足させられるモノだったのだろうか?

ある頃からのわたしは、
このような深い深い悩みや葛藤を、日々感じながら過ごすようになりました。

ただ勝たせれば良いワケでは無いのかも知れない・・・
もっと“圧倒的”に勝たせないとユーザーは満足してくれないのかも知れない。

そもそも「自動売買用EA」とは、突き詰めた場合所詮は「プログラム」に過ぎません。
それらは“FX孔明ブランド”ではあっても、
『FX孔明そのもの』では残念ながらない訳です。

カナダドル王FX配信

ちなみに、誤解があってはいけませんが、
わたしは「自動売買」自体を否定する気は一切御座いません。

実際、わたし自身のトータル的な資産運用の中においても、
自動売買もきっちりと取り入れた上でトレードを行っていますので。

けれども、言葉が適切かは分かりませんが、
わたしが億千万トレーダーへ向けてゼロから這い上がって来た過程におけるトレードが、
『わたし自身の裁量取引』であったことは紛れもない事実です。

その事実を鑑みながら、ボンヤリと思考をめぐらせたある夜・・・
わたしには『ひとつの結論』がおぼろげながら見えて来たのです。

そうか・・・わたしのユーザーは、
わたしがゼロから億千万単位まで駆け上がってきた“あの頃”こそを体感したいんだ。

「なんとしてもトレーダーとして一流の仲間入りをして見せる!」と、
目をギラギラさせながら、それでいて細心の注意を払う野生動物のような、
『FX孔明の最も過激で輝いていたあの頃のトレード』を
体感したいに違いない・・・

ザ・シークレットルーム

ザ・シークレットルーム

ザ・シークレットルーム

FX孔明プライベートコピートレードシステム

FX孔明プライベートコピートレードシステム


そうなると、その答えを「自動売買EA」に求めること等、とても無理です。
それが出来る唯一の方法、それは・・・

わたしの“生の取引”を直接貴方にお届けする以外には、どうやら道はなさそうですよね。



共通テーマ:

-|2011年10月 |2011年11月 ブログトップ
FX自動売買ソフト FXシグナル配信比較 無料 被リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。